森ノ宮医療大学|学部・学科・コース

|看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報なら[看護医療進学ネット]

パンフレットを
もらう

  • 大学
  • 大阪府

森ノ宮医療大学

(モリノミヤイリョウダイガク)

森ノ宮医療大学の学部・学科・コース

 

保健医療学部

7学科を有する医療系総合大学だからできる「チーム医療」を重視し、豊かな人間性と高度な専門知識・技術をもった専門職医療人を養成。幅広い教養も身につけ、他者の心に寄り添うことのできる優れた人間力も養います。

看護学科

看護学科

医療現場が求める徹底した基礎力と実践力を身につけた看護師・保健師を養成

看護学科では、医療現場の多様なニーズに対応できる看護職の育成をめざし、徹底した「基礎教育」に力を注いでいます。教育経験だけではなく、医療施設はもちろん、福祉施設・行政など現場での豊かな経験を持つ教員陣による講義に加え、連携病院の医師・看護師を招き、現場で活きるリレー形式の講義を実施するなど、常に実践を意識した教育を行っています。
またヒューマンケアの基本である「人」について深く学ぶカリキュラムによって、看護職に不可欠な倫理観や人間性を磨いていきます。

看護学は「実践の学問」と言われ、その学びは教室内だけではなく、医療・福祉施設、地域社会の中で行われます。本学科の実習先病院の多くは300床以上の基幹病院となっており、大阪急性期・総合医療センター、住友病院や大手前病院など、大阪府を中心に確保しています。

なお取得可能な資格として、保健師国家試験受験資格(10名程度の選考制)や養護教諭一種免許状(15名程度の選考制)もあります。

理学療法学科

理学療法学科

医療現場に即した知識と技術を学び、人との関わりを大切にする理学療法士をめざす

理学療法学科では、病院での医療スタッフなど、数多くの現場経験者の教員を揃え、常に現場をシミュレーションした実践に即した教育を行うことで、患者さんとのコミュニケーション能力、問題解決力などを身につけていきます。また、地域リハビリテーションや予防医学への貢献など、近年の理学療法士に求められる幅広い分野に対して柔軟に対応できる能力を養います。カリキュラムは、人体の構造や機能など基礎医学を学んだうえで、スポーツ医学、理学療法評価学、リハビリテーション医学など理学療法学に関する知識・技術を深く学んでいきます。

実習先は大阪府内・近畿地区を中心に約320施設と提携。特に相互連携協定を締結している医療法人錦秀会の研修センター内には、森ノ宮医療大学臨学共同参画センターを設置し、実習担当者と一緒に本学の教員も直接指導を行う新たな実習体制を確立しています。学生をよく知る教員と実習先担当者による実技指導により、学内での学びをより深めた知識と技術を身につけることが可能です。

また、作業療法学科を有する本学では、両学科の連携により、リハビリテーション全体を大きな視点で捉えて学ぶ環境が整っています。

作業療法学科

作業療法学科

すべての人の健康に貢献する作業療法士として、高い倫理観と豊かな感性を培う

作業療法士は、リハビリテーションの一翼を担う国家資格で、身体や心に障がいがある人が日常生活や社会生活に適応できるように、手芸や工作などを通して患者さんが必要とする作業と結びつけ、機能回復や維持をサポートします。

作業療法学科では、小児や高齢者などあらゆる年齢層や、病院から地域・在宅といった幅広いリハビリテーションのニーズに応えられる作業療法士の育成をめざします。例えば「地域作業療法学」の専門領域では、障がい者・高齢者を取り巻く制度や環境について学ぶことで地域での作業療法を身につけていきます。また、脳卒中や認知症などの「介護予防」や健康増進をサポートできるよう「疾病予防」についての学びも充実しています。

また、ダンスをリハビリに用いたり、最新コミュニケーション機器を使用したりしながら、患者さんが自発的にリハビリできるためのプログラム作りも行います。このほか、現代医学と伝統医学を包括したケアをするため、「漢方医学概論」「統合医療概論」など東洋医学の視点を導入。これは鍼灸学科を有する本学ならではの特色と言えます。

なお、理学療法学科も有する本学では、両学科の連携した学びを実現。お互いの共通点の理解を促進し、チーム医療においてリハビリテーションを主体的に担える能力を育みます。臨床経験、教育や研究分野に優れた教員をそろえ、福祉住環境や介護予防の分野での作業療法士の役割を意識した学びを実践します。

臨床検査学科

臨床検査学科

高度化する医療に対応できる力を身につけ、良好なコミュニケーションを築ける臨床検査技師へ

臨床検査技師は、患者さんから採取した血液や尿、組織細胞を調べたり、心電図や脳波、超音波検査などを行ったりして、医師の診断・治療に必要な科学的データの分析結果を提供します。

臨床検査学科では、医療の高度化に対応できる臨床検査の知識・技術を身につけることはもちろん、チーム医療の一員として必要な「協働する力」、データを適切に説明できる「コミュニケーション力」を養います。
専門科目では、他大学ではあまり学ぶことができない「画像検査学」の科目を設置。超音波検査、心電図検査、MRIなどに欠かせない画像診断方法を学び、複数の画像から疾患を判断することのできる臨床検査技師を養成します。さらに、最先端の医療技術を学ぶ「バイオテクノロジー演習」や「遺伝子検査学実習」などの科目を設け、新しい視点を学ぶと同時に、医療の進歩に貢献できるような研究マインドを身につけることのできる環境です。

学内の実習室も最新の設備が整い、分析系実習室・生理学実習室・形態系実習室などそれぞれの領域に分かれて配置され、実践的な学びを後押しします。

臨床工学科

臨床工学科

「医学」×「工学」で人命を守る医療機器のスペシャリスト、臨床工学技士をめざす

臨床工学技士は医学の進歩につれて高度化する医療機器を、医学的・工学的な知識をもって、安全かつ的確に操作・管理する専門家。
医療の第一線で生命維持管理装置を操り、命をつなぐ重要な仕事です。

臨床工学科では、医学の進歩よる医療機器の高度化、医療スタッフが連携して治療を行うチーム医療に欠かせない存在として、病室をはじめ、手術室や集中治療室、救命救急の現場などあらゆる場所とシーンで活躍できる人材を養成します。また人体の構造・機能や各種病態などを把握する「医学知識」と、医療機器の原理・構造を理解する「工学知識」の基礎教育を重視。さらに、両者を融合した「生体工学」の視点(工学的な概念で生体を理解し、生命や病気のメカニズムを明らかにする能力)を身につけます。医療機器の操作技術もバランスよく学び、徹底した基礎力を身につけると同時に、実践の場を意識し、医学診断や治療に有効な手段を提供するための知識・技術を養います。

またあらゆるICTの処理方法や知識を学び、運用できる能力を養成。情報漏洩の危険性やセキュリティ対策に対する知識についても学びます。

診療放射線学科(2020年4月開設予定)

診療放射線学科(2020年4月開設予定)

「診断」から「治療」までを担う放射線診療のスペシャリスト、診療放射線技師へ

診療放射線技師とは、医師の指示の下に、X線CT、X線TV、PET、SPECTなどの放射線機器で人体を撮影し、診断に必要な画像情報を提供するのが主な仕事です。放射線を照射してがん治療を行う専門職でもあります。放射線を安全に管理し、高度医療を支える診療放射線技師は、現代医療に欠かせない存在です。

診療放射線学科では、徹底した「基礎医学」教育により、診断に必要な人体の構造や機能について学習。また目に見えない放射線(X線)を用いて撮影し、身体の中を画像化することは、患者さんの病気を特定する重要なデータになるため、画像は”誰が撮っても同じ”ではなく、撮影者の知識と技術がそのまま出ます。さらに画像を評価(読影)する能力も求められます。これらの技術を確実に身につけるため「画像検査」や、「画像診断」について学ぶカリキュラムを数多く配置しています。

なお実習先は大阪府を中心に、「診断部門」「核医学部門」「放射線治療部門」の3部門がそろった医療機関を確保しています。

鍼灸学科(鍼灸コース/スポーツ特修コース)

鍼灸学科(鍼灸コース/スポーツ特修コース)

伝統医学に西洋医学の視点を取り入れ、ほかの医療職と連携でき、臨床力の高い鍼灸師へ

経穴(いわゆるツボ)を鍼(はり)や灸(きゅう)で刺激して治療・予防する伝統医療の鍼灸は、治療院のほかスポーツや美容分野まで多岐にわたり活躍の場があります。

鍼灸学科では、現場経験が豊富な学内教員をはじめ、スポーツ鍼灸・小児鍼灸・産婦人科鍼灸・美容鍼灸などの分野で活躍している著名な治療家も講師として迎え、実践に即した教育を行っています。また、技術を身につけるだけではなく、伝統医療を科学的根拠に基づいた医療として探求し、個々の患者さんにきめ細かく鍼灸治療法を選択し、指導できる鍼灸師を育成します。

カリキュラムは、基礎から実践的な学び、さらには最先端の専門分野の学びも用意されています。スポーツ分野の科目も豊富で、特にスポーツ特修コースでは、科学的な思考でスポーツや運動を捉える力を身につけ、中学・高校教諭一種免許状(保健体育)も取得することができます。
実習施設は大学内の附属施術所だけではなく、学外病院での見学実習も行われ、鍼灸院では知ることのできない入院患者さんに対する鍼灸治療について学ぶことができるほか、さまざまな医療スタッフが協働する「チーム医療」の実像を学びます。

保健医療学専攻 修士課程

保健医療学専攻 修士課程では、医療関連施設や健康増進施設において指導的役割を果たすことができる高度な医療専門職業人の養成を主目的としながら、教育研究機関に職を得た場合にも十分その能力が発揮できる基本的教育研究能力を兼ね備えた人材を養成していきます。

看護学専攻 修士課程(2020年4月開設予定)

看護学専攻 修士課程では、看護学分野を教育・研究の対象として深く探求し、より高度な専門的知識とエビデンスに基づく看護実践を志向するために、教育・研究的視点をもち、保健医療福祉関連機関や看護基礎教育機関などにおいて、指導的役割を果たすことができる看護実践者を養成していきます。

医療科学専攻 博士後期課程

医療科学専攻 博士後期課程では、医療における科学的側面をさらに追究し、将来の医療実践に役立つエビデンス蓄積や技術開発につながる優れた医療活動を主導できる、管理職候補となる人材を養成していきます。

大学卒業後に1年課程で学び、助産師国家試験の受験資格が得られる「助産学専攻科」を2016年4月に開設。
多様化する女性の生き方、妊娠、出産、育児の在り方を尊重した次世代支援のために必要な能力を育成することを重視するカリキュラムが多いのが特徴で、低体重で生まれた赤ちゃんなどをケアするNICU/GCUで実習を行うほか、母子の支援体制、助産師の役割について学びます。
さらに女性のヘルスプロモーションや周産期領域で活用されているアロマセラピーを学び、日本アロマコーディネーター協会認定の「アロマコーディネーター」の資格を取得することもできます。

森ノ宮医療大学のパンフレット

森ノ宮医療大学のパンフレット

森ノ宮医療大学について、もっと詳しく知りたい場合は、パンフレットを請求しよう!

この学校の
パンフレットをもらう