森ノ宮医療大学

|看護・医療・福祉の特集|看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報なら[看護医療進学ネット]

【森ノ宮医療大学】2020年4月、関西最大級の医療系総合大学に
診療放射線学科が誕生

診療放射線学科の誕生によってチーム医療の学びがさらに拡充

患者さんのニーズや医療の進歩による多様化、高齢化した社会に対応するため、医療現場では専門性を持つ各医療スタッフが協働する「チーム医療」が主流となっています。森ノ宮医療大学は、6つにわたる分野がひとつのキャンパスに集う医療系総合大学です。そのメリットを活かし、学科の枠を超え幅広い医療の知識とマインドを養う教養を展開しています。

2020年4月には7つ目の学科として「診療放射線技師」を養成する診療放射線学科が誕生し、さらに充実したチーム医療の学びを実現します。

チーム医療では、多職種が集まる場で他の専門スタッフの話が理解でき、なおかつ自らの専門分野で何ができるかを提案する力が求められます。本物のチーム医療を身につけ、最前線の現場においてスムーズにチームの一員として連携、協働できる医療者の基礎を育みます。

「診断」から「治療」までを担う
放射線診療のスペシャリストを養成

診療放射線技師とは

「診療放射線技師」は医師の指示の下に、人体へ放射線照射を行うことができる専門職です。X線CT、X線TV、PET、SPECT、MRI、USなどの機器で人体を撮影し、診断に必要な画像情報を医師へ提供することが主な仕事。また放射線を照射してがん治療を行う専門職でもあります。医療機器を扱う技術、放射線の取り扱いに関する法令の理解と遵守など、高度な専門性を持つスペシャリストです。

「診断」と「治療」ができる、臨床力の高い人材の育成

放射線を用いて「診断」と「治療」を実践する診療放射線技師の育成をめざし、徹底した「基礎医学」教育により、診療に必要な人体の構造や機能について学びます。一方、放射線に関しては「放射線物理学」などの専門基礎分野から「画像検査技術学」といった専門分野へ段階的に進み、放射線診療を行うために必要な知識と技術を身につけます。

チームの一員として協働できる医療者をめざす

診療放射線技師から医師へ提供される画像が治療方針の決定につながるため、チーム医療において重要な役割を担います。本学では、全学科の学生が集い、実際の症例に対してそれぞれの分野の立場から治療やケアについて検討するグループワーク(症例検討会)を行うなど、実践的にチーム医療を身につけられるカリキュラムを導入しています。

女性技師へのニーズが拡大

例えば近年、“乳がん”の早期発見に、診療放射線技師による「マンモグラフィー検診」が有効とされ、検診率が増加傾向にあります。女性が安心して検診を受けられるよう、女性の診療放射線技師が必要とされています。しかし、女性の診療放射線技師が少ないという背景もあり、需要が高まっています。

森ノ宮医療大学
森ノ宮医療大学

〒559-8611 大阪市住之江区南港北1-26-16
TEL:06-6616-6911/FAX:06-6616-6912